company-selection-salary

今回は、私の企業選びのポイントを書かせて頂こうと思います。

ごあいさつ記事でも書かせて頂きましたが、残念ながら私はエリートではありません。なのでいわゆる上場企業など、一流企業と言われるところは、そもそも対象外です。

もちろん記念に応募してみたり、間違って書類とか通ったりしないかな~。なんて淡い期待を持ちながら応募してみたりしますが、結果は100%書類不通過ですね。はい。私から言わせてもらうと、転職サイトも「一流企業フィルター」とか新機能を開発してもらいたいですよ。

自分の希望条件をセットして求人案内をメールで希望すると、一流企業の求人案内がわんさか来てしまいます。そんなの受かるなら転職活動なんて一瞬で終わってるよ。といつも思ってしまいます。

前置きが長くなってしまいましたが、というわけで私の狙うところは中小企業やベンチャーです。みなさんは募集要項を見るとき、どこをチェックしてますか?今回は、給与について、記事を書かせて頂きます。

 

賞与はいつ満額になるの?

給与は月給なのか年俸なのか。新卒の方の為にコメントしますが、月給+賞与となっている場合、初年度の賞与は満額でません。企業によっては、入社後2年くらいかかって、ようやく満額支給になる場合もあります。

賞与の算定は過去の実績を評価するので、仕方ない部分もありますが、この算定期間が企業によって違いますので確認が必要です。早く満額を支給できる企業は、昇格や評価も早いと考えられますよね。

それと、大事な部分が残業代の支払い基準ですね。基本的にみなし残業部分はまずあると思った方がいいので、みなし部分がどの程度なのか、しっかり確認が必要です。

そして年俸制の場合。年俸の場合固定給が一番多いですが、企業によってはインセンティブや、深夜残業手当が別途支給される場合があります。ここも差があるところなので、しっかり確認した方が良いでしょう。年俸制をいいことに、残業がやたらと多い場合もありますし、年俸制なのに一定の条件で残業手当を支給する会社もあります。

手当て等の支給はいわゆる○○手当てというやつですね。家族手当、資格手当、資格補助…様々な手当てがあります。特に資格手当系は、企業によって評価が全然違うので資格を持っている場合には、しっかりと確認しましょう。せっかく資格を持っているのに、何も評価がない場合と、しっかり手当てとして支給される場合とでは、大きな違いですよね。

 

交通費は手厚いですか?

それと、意外と見落としがちな交通費。私の場合、たまたま地方に住んでいるので確認せざるをえないのですが、意外とバラバラなんですよね。1万5000円~10万円くらいの幅があります。

一番多いのが3万円迄というやつです。時々、5万円とか全額支給とかありますね。一番宜しくないのが「当社規定による」。これって、いくらか分からないですよね。何か上から目線を感じませんか?細かいことではありますが、求人情報から得られる情報は少ないので、こんなところにも企業側の姿勢が垣間見えると思います。

金額は高いことにこしたことはありません。企業側の人件費にどれだけ余裕があるのか、人材に対してどこまで手厚く考えているのか。そんな情報も読み取れると思います。

給与というと、金額だけに着目しがちだと思いますが、意外と色々な側面が見え隠れしていると思います。分析できる情報は、とことん分析した方が後々に後悔しなくて済むので、大切なことだと思います。