PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V.jpg
企業選びのポイントが、
続いていたので、
ちょっと、ここで、
話題を切り替えて、
今回は、テーマを
面接にさせて頂きます。
それでは、面接について、
まずは、事前の準備という
テーマで書かせて頂きます。
応募した、求人の
書類選考が通過しました。
おめでとうございます。
ここで、ちょっと
小ネタを挟みます。
書類選考の結果って、
だいたいメールで
もらいますよね。
そうすると、
メールって、まず
タイトルが目に入りますよね。
書類で不通過の場合、
たいてい、タイトルが
「選考結果のご連絡」って
なってませんか?
そして、開くと
お祈りメールが書いてある。
そうですか…。
わかりました…。
ってな感じになります。
書類が通過している場合、
メールのタイトルが、
「面接日程のご案内…」
なんて場合が多いような気がします。
オーッ、通ったか!…
もちろん、例外もありますが、
このパターンが多いですよね。
なので、
メールは中身を開かなくても、
タイトルで、わかっちゃう。
それでは、話を戻して、
面接の準備について。
企業側から、
ピンポイントで、日時を指定
される場合が多いですね。
企業によっては、
何日か候補日を提示される場合や、
候補日の提示はなく、
こちらに、候補日の提示を
求めてくる場合もあります。
ここも、
企業によって、
指定された日が遠い場合と、
直近の場合とがあります。
あまり、直近過ぎる場合は、
ちょっと、警戒したほうが
いいかもですね。
ちょっと、その会社、
怪しいです。
当たり前の話ですが、
アポイントをメールでとる場合、
希望日程の提示の送信、
受信側が内容の確認、
スケジュールの調整、
提示された日程に対して回答。
最低限、このステップを踏みます。
離職中の場合は、
直ぐに対応できるかも
しれないですが、
就業中の場合は、
受信側の内容の確認が、
タイムリーにできるとは、
限りません。
また、こちらから、
希望日時の送信をして、
回答が異常に遅い場合も、
ちょっと、不自然ですよね。
こういうやり取りにも、
企業の体質が垣間見えます。
日程の提示は、お互い
1週間後くらいが、
ちょうどいいと思われます。
こちらから、提示する場合に、
あまり、直近過ぎると、
受信側も慌しくなってしまいます。
迅速に対応して、
直ぐ行きたい場合も
あるかと思いますが、
極端な行動は、避けた方が
賢明ではないでしょうか。
そして、
日程の調整とともに、
大切なのが、
当日の持ち物や
スケジュールの確認。
筆記試験があるとか、
誰が立ち会うとか。
ここも、
企業によって、バラバラです。
日時しか、提示してこない企業。
履歴書、職務経歴書を
持参するしないは、
事前に指示が欲しい
ところですよね。
指示がないので、
とりあえず用意して、
結局使わなかった。
なんてこと、
けっこうありましたよ。
職務経歴書は、
日付だけ更新して、
プリントアウトするだけなので、
いいですけど、
履歴書は、写真も貼りますよね。
面接を受けまくってると、
けっこうな枚数を消費します。
(普通は気にならないかな?)
まあ、
ある程度は仕方ないですけど…。
なので、
履歴書、職務経歴書を
持参するかどうかは、
事前に確認した方がいいです。
意外と当日まで忘れがちです。
そして、
面接企業の連絡先、電話番号、
担当者名の確認。
時間に余裕を持って、
向かったつもりでも、
交通手段のアクシデントで、
遅れてしまうこととか、
時々あったりします。
それと、私の体験ですが、
IT系のベンチャー企業だと、
マンションの一室が事務所
なんてこともあったりして、
場所が、分かりにくい
場合もありました。
もちろん、
事前に、GoogleMapとかで、
調べ行きますけど、
それでも、分かりにくい
場合もあります。
場所に問題がなくても、
不測の事態に備えて、
連絡先の情報は
事前に準備して
おいた方がいいです。
それと、
稀に、企業側担当者の
名前の漢字が読めなかったり
する場合もあります。
珍しい名前だったり、
複数の読み方候補が
ある場合とかです。
細かいですけど、事前に
メールで確認しておけば、
安心して、面接に臨めます。
次に、無事に辿り着いて、
今度は、入館方法です。
近時は、セキュリティーの関係で、
すんなり、入館できないビルとか
多くなっています。
身分証明書の提示が必要だったり、
ゲストカードを借りる必要があったり、
出迎えてもらう必要があったり。
事前に、企業側から説明があるのが
当然なことですが、
時々、説明不足で、玄関ホールで
待ちぼうけ、
なんてこともあったりしました。
この部分も、事前に確認した方が
無難です。
そして、
面接の時間(長さ)です。
1時間くらいなのか、
もっと長時間なのか。
これも、提示されていなければ、
こちらから、
アポイントをとる時に、
一緒に確認するとよいでしょう。
時間の長さから、
様々なことが、
想定できる場合があります。
面接官の人数、役職、を
考慮しての時間のバランス。
筆記試験の有無と
会話時間のバランス。
まずは、顔合わせで、
二次面接以降が本番なのか、
色々なことが
想定できると思います。
最後に、一番大切な、
どんな内容の話をするか。
ここが、一番のポイントですね。
しかし、この内容については、
面接当日の心構えと密接に
関わってくるので、
次回の記事で詳細を書きたいと
思います。
今回の記事で言えるのは、
募集要項を精査しておくこと。
になると思います。
企業の求人募集は、
当然ながら、あなたに
遂行してもらたい、
具体的な業務があるはずです。
あなたに任せられる
業務内容を想定して、
会話を組み立てる必要があります。
全ての始まりは、
そこからということになります。
面接の準備は、広げると
きりがないですが、
準備なしで、臨むのは
危険です。
せっかく書類に通って、
わざわざ、時間を割いて、
企業に赴くわけですから、
それなりに、
有意義にしたいものです。
足りない情報は、
アポイントをとる時に
メール等で補うようにして、
当日のシュミレーションを
心がけることをおすすめします。
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。