873c3a648e7f55b31820e0c1832c89be_s.jpg
前回のお話は、
如何だったでしょうか。
会話編は、3回継続しているので、
宜しかったら、初めの記事から
読んで頂ければ、幸いです。
面接対策 会話編 #1
面接対策 会話編 #2
今回は、
前回の続きで、面接対策、
面接担当者が、
④役員、偉い人系の場合、
について、書かせて頂きます。
偉い人って誰?
ということですが、
最終面接に
登場する人とか、一番強い人事権限を
持っている人とか、社長とかですね。
これまた、
会社の規模が大きければ、
大きいほど、
社長は出てこないですね。
繰り返しになりますが、
私の場合は、
ターゲットが、
中小、零細企業になるので、
社長に会う機会も
そこそこあります。
ここで、
いつもの?
パターン分けをします。
④-A
偉い人単独(一人)の場合
④-B
偉い人と配属先管理部門のトップ
④-C
集団の中に偉い人も同席。
私の経験上は、
この3つのパターンが
ありました。
それでは、まず、
A偉い人単独(一人)の場合
について、
書いていきます。
結論が
先になっちゃいますが、
「まな板の鯉」な感じですね。
これは、精神的に
緊張してとかではなくて、
面接対応戦略として、
という意味です。
特に、
中小、零細企業の偉い人は、
権力が絶大です。
全員が「そう」とは、
もちろん、いいません。
でも、明らかに
そういう傾向は強いと
思います。
権力が絶大だと、
責任も重大ですね。
と言いたいところですが、
だいたい、その逆でしたね。
責任はとらないんだと、
思われるような、
面接内容が多かったです。
権力は乱用され、腐敗する。
by現代社会(高校)
なんてね~。
面接って、面接官の方も、
後々、責任問題に発展する
可能性がありますよね。
何で、UNJobHopperなんて、
採用したんだ!
全然、使えないじゃないか!
あらあら。
面接官は、審査するわけですから、
それなりに、責任が発生すると、
思われます。
ここで、
偉い人だと、
責任が発生しないんでしょうかね。
本当はあるのでしょうけど、
後で追求されないんですかね。
私の経験上の感想は、
面接する時は、
偉い人の気分次第なの?
って感じでした。
準備もあまり
されていない場合が、
多かった気がします。
そう、
面接する本人が準備していない
分けですから、
こちらが内容を
想定できるはずもない。
ということです。
ある時は、
雑談のようだったり、
ある時は、
身の上話のようだったり、
ある時は、
今日のお天気だったり…。
あえていうなら、私の人となりの
最終確認でしょうか。
なので、
私としては、
「自然に臨む。」
これだけですね。
たまたまかもしれないですが、
私の経験上は、
個性が強い人が多かった
ような気がします。
そう、
個性が強くて、責任もない。
何を話し出すかわからない。
エージェントさん経由で、
案件を紹介してもらって、
一次面接通過、
手応えバッチリ。
二次面接通過、
さらに、手応えバッチリ。
これなら、内定行けそうだ!
社長面接で、不通過。
え~っ!?
エージェントさんに
たまたま、
社長と相性が
悪かったんですかね~?
なんて、言われましたよ。
こんなことも、
数回ありましたよ。
はい。
一応、
釈明させて頂きますが、
内定もある程度
もらってる経験ありますよ。
だって、私
UNJobHopperですから。
残念!
ちょっと、古いですかね?
何が言いたいかといえば、
最終面接で、
落ちた場合は、
あまり深刻にならないで、
気持ちを切り替えた方が
いいということです。
それでは、次に
B偉い人と
配属先管理部門のトップ
の場合について、
書いていきます。
私の経験上、これは、
社長と、事業部長とか
役員と、部長とか
そういう組み合わせです。
こういう場合の、
私の対応は、
これまた、前回記事の
会話編#2」の「②-A」
「あなたを、後輩メンバーとして
迎えて、OJTをする人の場合」と
ほぼ、同じ対応をします。
組織の上に行けば行くほど、
あなたに対して、
一番気になるのは、
会社に対しての従順度。
相手は、経営側の幹部ですもの。
あなたは、
上命下服の規律をしっかり守れるか。
指示通りに動けるか?
を面接官は見ると思われます。
「②-A」と本質的な部分は
違いますが、求められる
内容は、一緒だと思います。
したがって、
自分を積極的に売り込むよりは、
相手の話を、静かに一通り聞く。
途中で、質問とかを挟まない、
聞き上手になる
ことが有効だと思われます。
(会話編#2の記事のコピペです。)
そして、
③集団の中に偉い人も同席の場合
について、書いていきます。
私の経験談ですが、
一次面接で、
面接官全員登場という
ことがありました。
そう、
会話編#2」の
①~④全員です。
④の偉い人は社長でした。
④-Bの場合を除いて、
組織のピラミッドの
階層が混ざっている人々が
同席している場合は、
五月雨式に回答するしか
ありません。
だって、
聞きたいことが、
みんなバラバラなんですから。
面接官が増えれば増えるほど、
こちらから、
会話を組み立てることが
できなくなります。
話す相手が、色々な人なので、
的が絞れないですよね。
時の流れに身をまかせ
(by テレサ・テン)
その場の色に
染められて下さい。
あぁ。
またまた、失礼しました。
そもそも、
あんまり多数の
面接官が同席するのは、
如何なものでしょうか。
と私は思います。
会社側が1回の面接で
スッキリ結論を
出したいんですかね~。
それにしても、
いきなり全員集合は、
UNJobHopperの私でも、
こちらから、
棄権したくなりますよ。
まあ~
稀なケースだったと思いますよ。
はい。
面接対策 会話編
如何でしたでしょうか?
なんだかんだ言っても、
結局のところ、
面接は相当慣れが
必要だと、思います。
私も、慣れないうちは、
緊張して全然喋れませんでした。
今は、緊張しなくて、
喋りすぎてしまって、
終わった後に、
後悔することも
よくあります。(反省)
何事もそうかもしれませんが、
やりすぎは、よくないですね。
でも、
ある程度は、場数を
踏んでおかないと、
思い通りにできなかった時、
後悔します。
面接は、何度落ちても、
ノーリスクです。
あまり落ちすぎると
精神的に参りますが、
経験値は間違いなく
上がっていきます。
近時は、
転職フェアとかで、
色んな企業の担当者と
直接話ができる機会も
多くなりましたよね。
入社を希望したい企業が
参加してなくても、
面接の練習と割り切って
参加するのも、
よいかもしれません。
5回にわたって、
面接をテーマに書かせて
頂きました。
少しでも、参考にして
頂けたら、幸いです。
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。