fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s.jpg
今回は、
転職エージェントの選び方について、
書かせて頂きます。
どの転職サイトに登録したら良いか
の記事でも書かせて頂きましたが、
やはり、
三大大手の登録は
必須となると思います。
▼リクルートエージェント



▼DODAエージェント
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス
▼マイナビエージェント
首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

理由は、当然
持っている案件数が多いから。
兎にも角にも、
まずは、登録した方がいいです。
エージェントは、
案件を見つけてくれることが、
メインとなりますが、
履歴書、職務経歴書の
書き方のレクチャーや、
面接日程の調整や、
あなたの転職活動を
サポートしてくれます。
すべて、無料で
対応してもらえるので、
利用しない手はありません。
エージェント側も
あなたが無事に転職できれば、
転職先企業から高額の報酬を
得られます。
お互い、WIN WINという
関係なので、
やはり、利用価値は
非常に高いです。
ここで、
注意したいのは、三大大手のうち、
リクナビエージェントは、
利用期間に制限があります。
私が、利用した時は、
サポートを開始してから、
3ヶ月でした。
3ヶ月できっちり
終了されてしまいます。
最近もどうやら、
変わっていないようです。
したがって、
リクナビエージェントを
利用する場合は、
サポート期間を踏まえて、
登録した方がいいです。
ご存知だとは、思いますが、
案件数は、年間で変動があります。
年度末、上下期、四半期。
左から順に少なくなります。
入社時期が上記のタイミングなので、
求人が出始めるのは、
2ヶ月くらい前と
思った方がいいでしょう。
・企業が求人を掲載 ↓
・希望者が応募 ↓
・書類選考 ↓
・面接 ↓
・内定 ↓
・手続き ↓
・入社
という流れになるので、
入社時期から求人掲載時期を
逆算すると、
年度末、上下期、四半期
の2ヶ月前くらいが狙い目。
そこを狙って、
エージェントに活躍してもらう。
という流れになります。
エージェントの利用期間に
制限がある場合は、
特に時期を選んで、
有効に活用したいところです。
他のエージェント
▼DODA
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス
▼マイナビ
首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

については、
期間に制限はないので、
数年に亘って、
利用することもできます。
(現在、私も利用し続けています。
はい。)
次に、
私の経験上、三大大手の次にお勧めするのは、
▼パソナキャリア
転職エージェントならパソナキャリア
▼type
type転職エージェント
▼ワークポート
ワークポートの転職コンシェルジュ

こちらもなかなか強力です。
利用期間に制限はないので、
登録を強くお勧めします。
スカウトメールの解釈
のページでも書かせて頂きましたが、
私も、初めのうちは闇雲に、
エージェントを登録しまくって
いました。
1件も案件を紹介しないところや、
応募を断っていたら、
連絡が来なくなったところや、
強引に応募をすすめるところなど、
様々なエージェントがありました。
その中でも、
三大大手はもちろんですが、
こちらは
▼パソナキャリア
転職エージェントならパソナキャリア
▼type
type転職エージェント
は、今でも活用しています。
▼ワークポート
ワークポートの転職コンシェルジュ

紹介案件数も安定して多いですし、
エージェント自体の能力も
相対的に高いと思われましたので、
おすすめさせて頂きました。
エージェント比較サイトとか、
評価サイトとか、
あると思いますが。
個人的な意見としては、
あまり気にしない方がいいと
思います。
リクナビエージェントは、
3ヶ月で終わってしまったので、
私の担当者
(キャリアカウンセラー)は
一人でしたが、
他のエージェントは、
人事異動で、交代があったり
しました。
そもそも、長期間利用していれば、
普通に起こりうることですが…。
多くの
キャリアカウンセラーに
担当してもらいましたが、
私がおすすめしている
エージェント会社は
みんな有効に活用できていて
それほど大きな差を
感じませんでした。
どの転職サイトに登録したら良いか
の記事にも書かせて頂きましたが、
そもそも、
自分に合った案件を
どれだけ紹介してもらえるか、
がポイントになるので、
私がおすすめしている範囲の
エージェントは
登録する方が無難だと思います。
近時は、エージェント会社が
乱立していて、勧誘も多いかと
思いますが、
結局のところ
あまり活用できないエージェントも
多かったです。
持っている案件が少ないことと、
過去の実績が弱いことが
理由になると思います。
大手のエージェントの場合、
企業ごとに、案件担当者が
別途、企業側とパイプを
持っている場合が多いです。
さらに、
過去に転職実績がある
企業を紹介される場合もあります。
こういう場合は、
面接対策等、入社対策の情報が
得られる場合も多々あります。
募集企業側が
どのような人材を求めているか、
より具体的な情報が
手に入るということです。
こういう部分は、
大手の最大の魅力でも
あるかもしれません。
しかしながら、大手だからと言って、
優良企業情報とは限りません。
普通にブラック企業も
ガンガン紹介してきます。
このサイトでも、様々な角度から
企業選びのポイントを
ご紹介してきましたが、
エージェントの言葉を
鵜呑みにするのは、
危険極まりないです。
エージェント側は、
紹介する企業側の情報を
完全に網羅することは、
現実的に不可能です。
企業側も、
高いコストを掛けて
人材を募集するわけですから、
自社のネガティブな情報を
素直にエージェント側に
伝えないでしょう。
さらに、エージェントも
ネガティブな情報は咀嚼してから
こちらに伝えると思います。
もちろん、
エージェントと募集会社の契約で、
あなたの入社が決まっても、
すぐに退職してしまったら、
支払いが発生しないという
契約もあるので、
あからさまなブラック企業を
紹介する可能性はある程度さがりますが、
リスクは十分に考慮する必要があります。
企業側があなたに
興味を持ったならば、
エージェントは
それはそれは、積極的に
プッシュしてきます。
だって、あなたがウンと言えば、
契約成立濃厚ですから。
したがって、
エージェントが案件を
紹介してきて、
「応募しますか?」
と言われたら、
まずは、自分で
その会社の内容を調べた方が
いいです。
大手エージェントが紹介してくれたから、
悪い会社のはずは無い。
なんて思ってしまうのは、
とても危険です。
調べるポイントは、
企業選びのポイント
ページをご覧頂ければ、
参考になると思います。
(是非ご活用下さいませ。)
そして、
企業の情報収集として、
超、超、おすすめなのが、
「転職会議」サイトです。
http://jobtalk.jp/
これは、むちゃくちゃ
おすすめです。
絶対に絶対に見た方がいい!
全ての記事が信頼できるとは、
もちろん言いません。
しかし、侮れないですよ。はい。
とある
キャリアカウンセラーの方に、
「転職会議」はどうですか?
と聞いたところ、
鼻で笑って、あんなの
当てにならないですよ~。
と言っていましたが、
いやいや、かなり本当のことが
沢山、沢山書いてありますよ~。
本当に。。。
「転職会議」の記事を
冷静に読み解いて行けば、
ある程度、信憑性は判断できると
思いますよ。はい。
「転職会議」の確認は、
個人的には必須だと思っています。
あっ。私も転職会議に
投稿してますよ。
もちろん、正直に
ありのままを書きましたよ!
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。