d583649a6a326fb353039fd4fb7a6ff9_s.jpg
今回も前回に引き続き、
企業選びのポイント 年齢編
B ネットワーク系について、
記事を書かせて頂きます。
前回の記事
企業選びのポイント
 年齢編 #2

において、
Bについては、高齢者?が
けっこう普通にいます。
と書きました。
私も、
そこそこ、いくつかの
職種を経験していますが、
ネットワーク系は、
かなり幅広い年齢層の方が、
いらっしゃいました。はい。
前職も様々だったり、
スキルも本当に様々。
配送業をやっていた人がいたり、
現役のミュージシャン
(もちろんメジャーでない人)
がいたり、
飲食店の店長だった人がいたり、
秋葉系のオタクな人だったり、
水商売をやっていた女性だったり、
書き出すとキリがないです。
スキルの方も、
パソコン触ったことが、
ない人がいたり、
開発畑で、ゴリゴリ
プログラムを書いていた人が
いたり、
WORDとEXCELの違いが
分からない人がいたり、
ネットワーク機器
(ルーター)の
ファームウェアーの
開発をしていた人がいたり、
これまた、書き出すと
キリがないです。
ここで、実際にあった、
小ネタを一つ書きます。
前職が配送トラックの
ドライバーという
30代半ばの人が、
監視・運用業務に
転職してこられました。
その方は、
パソコンに疎いらしく、
私に、
「何か表みたいなやつが、
 ワードで、
 
 真っ白な画面のやつが
 エクセルでしたよね~。」
と尋ねてきました。
何が言いたいかというと、
けっこう何でもアリという
ことです。はい。
別に馬鹿にしてるわけでは
ありません。
実際に私が体験した事実です。
あっ。一応私は、
エクセルVBAで、しょぼい
ツールとか作る機会が
何回かありました。
自分の作業効率化の為に、
自前でツールを作ったり、
社内SEの立場で、業務効率化の為に、
製作を依頼されたりするケースが
多々ありました。
すいません。手前味噌な
小ネタでした。
聞き流してくださいね。
話を戻して、
もちろん、
どの現場でもそうなのか
というわけでは、
当然ありません。
ただ、
明らかに、人手不足。
一年中募集でてますし、
探せば、本当に沢山の
求人が出てきますよ。
ここで、あまり沢山
この内容の記事を
書いてしまうと、
本題とずれてしまいますが、
ネットワーク系は求人数が
非常に多いですし、
スキルや年齢が問われない
ケースも沢山あります。
もちろん、
雇用する企業側は、
人件費を抑えたいので、
それなりに、若い人が
望ましいですが、
人が見つからなければ、
ある程度は妥協せざるを
得ないところでもあります。
ネットワークって、
結局、
全世界共通のルールがあって、
お互いが通信しているわけです。
ソフト開発案件と違って、
既存の環境から
乖離できないんですよね、
となると、
業界的に短期間で極端な
技術革新は起きないわけです。
そうすると、
技術者に問われる知識も、
ある程度パターン化されるし、
そんなに複雑でもないわけです。
こういう書き方をしてしまうと、
ネットワークエンジニアって、
誰でもできんの?
と言われそうですが、
要するに、
それほど、複雑ではなくて、
変化しにくい技術でできる
業務が、世の中に沢山ある。
そして、
人手不足になっている
現場がそれなりにある。
ということです。
重ねて言いますが、
ネットワークエンジニアを
下に見ているわけでは
ありません。はい。
私の職務経歴書にも、
ネットワークエンジニアって期間も
書いてありますから。
(説得力ないですかね~?)
通信キャリアや、
金融系のネットワークなど、
一瞬の通信の不具合が、
甚大な経済的被害を出しかねない、
なんていう現場もあります。
大規模ネットワーク設計や、
構築業務で年収1千万越え、
なんていう
フリーランスで働いている
方もご一緒させて頂いたことも
あります。はい。
あっ。私の年収は
もちろんその方より
一桁少ないですよ。
はい。
365日24時間、高速通信環境を
維持するには、それはそれは、
高い技術が必要です。
ただ、一方では、
前述したような、比較的
わかりやすい業務も
沢山ありますよ。
と言いたかっただけです。
う~ん。
今回の記事もあんまり
参考にならなかった?
ですかね~。
経歴に関係なく
もし、今、IT系に転職を
考えている方がいらっしゃるなら、
ネットワーク系の運用保守業務は、
年齢や経験を問わず、
意外と入りやすいと思います。
機会があれば、
ネットワーク系エンジニア
になる方法
なんていうのも
書きたいと思っています。はい。
誰も興味ないですかね~。
すいません。
独り言でした。
次回は、年齢編の最後
「C 社内SE系」
について、書かせて頂きます。
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。