4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s.jpg
今回は、趣向を変えて
私が、今までに受信した
お祈りメールの一部を
ご紹介したいと思います。
ここで、
企業に直接応募した場合と、
エージェントを経由して
応募した場合で、
対応に違いがあります。
企業に直接応募した場合は、
正にお祈りメールを
受信することになります。
一方、
エージェントを経由した場合は、
基本的に選考理由を
回答してもらえます。
ただし、この部分は、
私の経験上、
エージェントの裁量という
感じがします。
前回の記事
転職エージェント選び
でも、書かせて頂きましたが、
担当してもらっている、
キャリアカウンセラーの
個人差があると思います。
ある人は、
いつも同じコメント。
ある人は、
具体的な案件ごとに
違うコメント。
ある人は、
慰めてくれる?コメント。
真相は、
わかりませんが、
選考結果の連絡を
もらえば、もらうほど、
傾向が見えてきます。
それでは、
選考結果不通過の
内容を見ていきましょう。
CASE 1
他候補者とご経験面で
相対比較した結果、
お見送りとなりました。
CASE 2
他の応募者との比較により、
ご経験と募集職種が
より近しい方を優先
させていただくため、
今回お見送りと
判断させて頂きました。
企業側が
本当に上記の回答したのか、
キャリアカウンセラーが
不通過の場合に
用意している回答か、
真相は分からないですが、
不通過の理由は
具体的に知らされた方が、
今後の対策に役立ちます。
いつも、
コピペした様な
同じ理由で不通過ならば、
少々手立てを考えた方が
宜しいかと思います。
例えば、
担当のキャリアカウンセラーに
具体的な不通過理由を
尋ねてみるとか、
ターゲットにしている
案件の方向性を変えてみるとか、
色々考えられると思います。
不通過の理由を
具体的に教えてもらえたり、
転職活動の方向性を
柔軟に変更してもらえるような、
キャリアカウンセラーは、
かなり優秀だと思います。
こういう部分が、
キャリアカウンセラーの
個人差がでてくる部分だと
私は、思います。
それでは、
直接企業に応募した場合の、
お祈りメール
CASE 1
この度は弊社求人にご応募いただき、
誠にありがとうございます。
さて、
今回の応募書類を基に
慎重に検討いたしました結果、
誠に残念ながら、
今回はご期待に添えない結果
となりました。
せっかくご応募いただきましたのに
誠に申し訳ございません。
メールにて甚だ失礼とは存じますが、
何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。
⇒お祈りコメントなし。
CASE 2
いただいた応募書類を元に
慎重に検討させていただきましたが、
大変恐縮ながら、
今回は貴意に添いかねる
結果となりました。
何卒ご理解ご了承の程
よろしくお願いいたします。
末筆ではございますが、
貴殿のご活躍とご健勝を
お祈り申し上げます。
⇒お祈りコメント付き。
CASE 3
UNJobHopper様の選考につきまして、
重ねて検討をさせて
いただきましたが、残念ながら、
ご期待に沿いかねる
結果となりましたことを
ご連絡致します。
UNJobHopper様の
大切な就職先として、
弊社にご興味を
お持ちいただいたこと、
採用チーム一同、
非常に有難く思っております。
ここに改めて
感謝と御礼を申し上げます。
⇒名前入り。しかも超~丁寧。
 本当に残念です。
そもそも、
お祈りメールなんだから、
内容なんて、どうでもいいじゃん。
と思いがちですが、
色々あるんですよね~。
(しみじみ…)
ここで、小ネタの番外編を
お届けします。
番外編なので、ツッコミは
ご容赦下さいませ。
本文内容は、実在のものです。(汗)
CASE 1
今年度に入って
既に○回の転職歴を考慮。
許容するほどスキルがあるとも
感じられないため。
⇒ドSなご回答
 ありがとうございます。
CASE 2
○○や○○管理の実務経験が少なく、
向上しようという意欲も
考慮した結果。
⇒こちらは、面接後のご回答でした。
 私は意欲がないんですね~。
番外編はここまでに
しておきます。はい。
エージェント経由の場合は
別ですが、
企業に直接応募した場合、
合否の連絡が無い。
という企業も
沢山ありましたね。
事前に、通過した方だけに、
ご連絡を差し上げます。
という前置きを、応募時点で
お知らせしている企業も
稀にありますが、
無視する企業も意外と
多かったりしました。
相手は、一個人ですし、
話はおしまいなので、
忙しければ、
面倒だとは思いますが、
会社として無視する
という対応は
如何なものかと
思ってしまいますね。
皆様が早く良い会社に
ご縁がありますように。
お祈り申し上げます。(あれ?)
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。